粉末タイプのコラーゲンなら誰でも安全に飲める

老人

腸内環境を整えよう

ウエスト

生活習慣を見直す事

糖尿病は血糖値が高くなる病気です。本来であれば、血糖値を下げる働きのあるインスリンが、すい臓から分泌されなかったり、量が足りない事で起こります。糖尿病は運動不足や肥満といったような、生活習慣の悪化が要因で発症します。健康診断で危ないと指摘されても、なかなか改善をしない人が殆んどですので、まず糖尿病は、危ない病気だという自覚を持つようにしましょう。生活習慣や食生活の改善で最も重要となるのが腸内フローラです。腸内フローラは、バランスよく保たれていることで、消化機能や免疫力を高める事が出来ます。腸内フローラを整えれば、糖尿病派もちろんの事、便秘や大腸がんなどの予防も出来ます。逆に腸内フローラが乱れた状態ですと、腸内細菌が血管中に溢れてしまい、筋肉や肝臓、脂肪組織が炎症を起こしてしまいます。そうすると、インスリン低抗性が高まり、糖尿病になりやすくなるんです。腸内フローラを悪化させる大きな要因は、加齢と高脂肪食だと言われています。つまり、腸内フローラを正常に保って、血糖値を改善するためには、糖質の量を控えつつ、お肉や魚、野菜などをバランスよく摂取する事が大切です。また、不規則な生活を送っていたり、過度なストレスを感じていると、腸内フローラを悪化させることにも繋がります。糖尿病にならないためにも、今一度自身の生活習慣を見直して、規則正しい生活を送るように心掛けましょう。腸内環境を整えれば、肌もキレイになって美しい身体を手に入れる事が出来ますよ。